捲土重来


















『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!
 ☆No.156[登録日:2010.03.07 01:30]  サイン色紙を頂いた以上、ここは定位置 (`・ω・´)ゞ 


 第幕 『スポンサーサイト』
  --年--月--日(--) --:--


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  『現実』に戻る前に、一押しお願いします。

 

 約、1週間ぶりに元のテンプレートに戻しました


 なんか、見るのが久しぶりで眩しい


 久々に何か絵でも探そうかなぁ・・・


 そんな気力、どっかに落ちてませんか?







 続きは、2011年3月11日以降の記憶です
 気分の害される可能性のある方は、これより先の閲覧はお控え下さい




 さて、

 今日3月11日は忘れもしない東日本大震災が起こった日


 昨年、この日・この時間にいたところがありまして

 今日は、そこに行き、そこで黙祷を捧げてきました。


 そこで捧げる事が意味が有るのか無いのかはわかりません

 特別震災被害が有った場所でもありません

 一年前と全く同じ光景がそこにはありました


 自分があの日あの時間にいた事を再認識したかっただけという

 他人からみたら「お前のただのエゴじゃねーか!」といわれるのでしょうけど・・・

 人間なんて、生きるエゴの塊みたいなもんだし(^_^;


 そういえば、何をしにあの日あの時刻にいたのだっけ?

 地震と津波の記憶が凄まじすぎて思い出せない


 高速道路は通行止めになり、帰りは6時間くらいかかった記憶があります

 また、信号はほとんどが消えており、無いとこれだけ恐いのかと実感


 翌日は電車は全運休、売る物は全く入ってこない

 間もなく空になる自家用車のガソリン

 ガソリンスタンドには長蛇の列で、ガソリンが手に入らなかったり、量規制されたり


 そして、計画停電も始まり、時間が来ると一時閉店して点いたらまた開けて・・・

 計画停電自体も確実に停電するとは限らなく、

 時間が来ても停電しなかった・・・なんて事もありました

 仕事をしていく上で、これが一番精神的に堪えた・・・


 追い討ちをかけるかのように毎日報道された津波の映像

 あれを見ていて、何度か不快感と吐き気をもよおした事もありました


 降って涌いたACのCM

 あれはいったい・・・

 動画作成者の恰好の素材になってしまったのはいかがなものかと。



 この記憶を忘れないため、毎年同じ時、同じ場所で黙祷を捧げたい

 そう思う2012年3月11日でした


  『現実』に戻る前に、一押しお願いします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。